老化を促進する 「糖化」からカラダを守る方法

関節や血管に蓄積されやすい悪玉物質

AGEs(終末糖化産物)という言葉を聞いたことありますか。

老化を促進させるといわれる悪玉物質です。

食事に含まれていたり、体内で毎日少しづつ、化学反応によってもつくられます。
代謝されにくいのが特徴で、どんどん体内に蓄積されていきます。

とくに関節や眼球、血管など、新陳代謝のスピードが遅い場所ほどAGEは蓄積されやすく、悪影響を及ぼします。

カラダが「錆びる」「焦げる」

カラダが酸化することを俗に「サビる」といいますよね。

同じように、食事でとったタンパク質や脂質が、糖と結びついて劣化する反応のことを「糖化」といい、「カラダがコゲる」などと表現されます。

たとえば、からあげ・トースト・焼き魚・・・

こんがり美味しそうな焼き色がつくときに「糖化」が起こり、それを食べると体内でAGEが生まれます。

小麦粉と卵、バターで焼いたケーキやプリンなども、AGEが発生しやすい食べ物です。

老化のスピードは食事の内容によって変えられる

「糖化」と「酸化」はいずれも、体内で同時に起きるため、どちらかを予防することが双方にいい影響を及ぼします。

今回は糖化対策のために、毎日の食卓で取り入れたい食材をご紹介いたします。

☑ ブロッコリースプラウト

☑ ほうれん草

☑ バジル

☑ プレーンヨーグルト

☑ レモン・ライム

☑ クミン

とくに注目は、ブロッコリースプラウトの「スルフォラファン」という成分。

AGEs(終末糖化産物)を抑える力を持っていると言われています。

ふつうのブロッコリーにも含まれていますが、ブロッコリースプラウトの含有量は約7倍。

ちなみに私は普段のサラダにちょい足しして食べています。

よく噛んで食べることがポイントです。吸収率がアップするからです。

プレーンヨーグルトは、そのままやフルーツなどと食べてもおいしいですが、
レモン汁とクミン、塩少々で作るドレッシングをサラダにかけても美味しいので
ぜひお試しあれ。

ほかにもおいしい食べ方あれ教えてくださいね。

さいごに

健康にいいと言うもの…

やっぱり、から揚げやケーキはおいしいですよね。

絶対食べない!ではなく、糖質の取り過ぎをちょっとだけ気を付けたり、AGEsを発生させにくくする食材を取り入れてみたり、ほんの少しの意識が大切だと思うのです。

サロンでは、カラダにいいことや、おいしいものの話も是非一緒にしましょう。

・・・揚げ物と甘いものが大好きな店主より。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA